水道工事のクーリングオフは法的書面の交付が重要

水道工事のクーリングオフを利用する場合は、法外といえる金額を請求されたのが主な理由となるでしょう。もちろんクーリングオフができれば契約は無効となるものの、肝心となるのは法的書面の交付です。どういった点に気を付けるべきかひも解いていきましょう。

■契約が成立したら法的書面の交付が必要

水道工事を行う前には契約を成立させて消費者に対して事業者は法的書面の交付が必要です。消費者は法的書面交付後、8日以内であれば契約を解消する手続きが行えます。例えば、既に施工が完了している修繕工事についても、業者負担で原状回復義務が発生します。クーリングオフは消費者にとって安心感を得られる要素になるのは間違いありません。


■不実のことを告げる行為に該当するか否か

クーリングオフができるかどうかは販売者側が消費者に対して不実のことを告げる行為を行ったかが焦点になります。法外な料金を請求されたという場合で考えると、多くの場合で販売者側からの説明が不十分であったはずです。すべてにおいて納得して契約をした場合は法外な料金であった場合においてもクーリングオフができない可能性もあります。法定書面の交付があるか否かによって契約について納得したかの証明になることも覚えておいた方がよいでしょう。


■まとめ
水道工事のクーリングオフは法的書面の交付が重要であり、すべてにおいて納得した契約の場合はクーリングオフができない可能性もあります。しかし、販売者側の説明が不十分である場合はクーリングオフができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ