水道工事におけるクーリングオフの通知方法

もしも水道工事を行ったもののクーリングオフをする場合の通知方法を覚えておいた方がよいでしょう。実際にクーリングオフをする際、特定のフォーマットはなく、大切なのは書式ではなく内容です。問題となるのは何の契約をクーリングオフしたいのかという意思を明確にすることです。

■記載しないといけないこと

水道工事業者側にクーリングオフを伝える書面には契約をした日付や工事名、契約金額や契約者の住所や名前などの必要な情報を記載しないといけません。書類の効果は契約者が発送した時点で発生します。
そのため、念のためにすべてコピーを取っておくのが安心です。クーリングオフをしたという証拠となる書類ですから、コピーは欠かせません。内容証明郵便を出す場合には対応している郵便局であるかの確認も必要です。

■クーリングオフができるかを判断する方法

クーリングオフができるか分からないという方は専門家に相談するのが確実であるものの、お金がかかるのが不安であるのが正直なところでしょう。
最も手軽な方法となるのは消費生活センターに相談することです。まったく同じ内容の相談が寄せられている可能性もあります。クーリングオフの手続きに関してもしっかりレクチャーしてくれます。


■まとめ
水道工事におけるクーリングオフの通知方法は特に難しいことはなく、専門家に頼らずとも自分で対応ができるものです。何を記載しないといけないのかを把握するとともに、クーリングオフができるかを判断する方法も頭に入れておいた方がよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ