水道工事業者から自宅に訪問した場合のクーリングオフの適用について

水道工事におけるクーリングオフの行使が可能かどうかは条件次第です。水道工事業者から自宅に訪問しない旨の申し出があった場合にどういった決定となるかを知っておくのが肝心となります。訪問販売での契約を結んでしまった場合の対応は覚えておいた方がよいでしょう。

■正式にクーリングオフの行使が可能

販売者側が訪問してサービスや商品などに関して、積極的に説明させてもらうよう申し出ていた場合、クーリングオフの要件を満たし、正式に行使が可能です。
問題となるのは消費者が販売者側を呼んだか、販売者側が消費者に対して説明をしたい理由で訪問をしたかです。訪問販売での契約の場合はあくまでも販売者側が訪問したという認識になることを覚えておいた方がよいでしょう。

■契約締結後8日経過してもクーリングオフが可能

訪問販売の場合、工事内容が代金とどう関連しているか不明確であることも少なくありません。法的書面を交わしたとしても、該当しないと判断される可能性があることを覚えておくべきです。
そして、法的書面を交わしてから8日以内という期間制限がなくなるため、契約締結後8日経過してもクーリングオフが可能となります。


■まとめ
水道工事業者から自宅に訪問した場合のクーリングオフの適用について覚えておけば、訪問販売での契約を結んだ場合においても冷静に対処ができるでしょう。クーリングオフができれば、法外といわれる契約を結んでしまっても被害はないからこそ、口車に乗らないことを意識すべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ