水道工事でクーリングオフができないケースとは

水道工事で専門業者とトラブルに発展した場合に備え、クーリングオフをすることを考慮するのは大切です。しかし、クーリングオフができないケースもあることを覚えておいた方がよいでしょう。クーリングオフを利用するための条件についてしっかり頭に入れておきましょう。

■目的の通りの契約内容の場合

専門業者に依頼した目的通りの契約内容の場合はクーリングオフが適用されません。契約の申し込みや締結をする意思表示をした場合は注意が必要です。もちろん、その作業内容が問題なく行われた場合においても同様です。クーリングオフができないケースを事前に想定しておくことが大切であるのはいうまでもありません。


■専門業者が消費生活センターとの話し合いに応じない

契約書を交付していない場合で、専門業者が消費者生活センターとの話し合いに応じないときもクーリングオフができない可能性があります。契約が本当に成立したものなのか消費生活センターが判断できなければいけません。もし、専門業者が正当なサービスを提供していると主張する場合、消費者は相応の費用の負担が求められます。



■まとめ
水道工事でクーリングオフができないケースもあることを覚えておかないといけません。悪徳業者はクーリングオフができない条件をしっかり理解したうえで対応するものです。安易にクーリングオフができるからといって、契約を結ぶのは危険であるのはいうまでもありません。しっかり精査したうえでの契約を結ぶようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ